>> EDIT

大人が読みたいニュートンの話(石川憲二)

りんごが落ちて発見された万有引力の法則。
しかしこの逸話は、83歳の時の思い出話なのだ。
22年間こっそり研究し、
秘密主義の中で発表された『ブリンキビア』。
先輩ハーレーの出版への協力、
ライバルであるフックの存在。
望遠鏡の改良、プリズムの研究での業績。
よく話題にのぼる錬金術師疑惑など。

ニュートンを彩る様々な要素が、
かるーく、楽しく読める。
庶民出身の科学者が初めて王立協会の会長なった、
それだけでも凄いのに、
11の条件が重なって、
初めてこの天才が世に送り出されたという奇跡。
ケンブリッジ、ペストの蔓延、そして驚異の年1965年。

『au』のCM浦ちゃんのセリフを糸口に、
一気に読ませてくれる入門書でした。

51Ys.jpg

大人が読みたいニュートンの話
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 09:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

孔雀を愛した容疑者

大倉さんの『警視庁いきものがかり』シリーズ。
このシリーズがドラマになって
ここまで流行るとは誰も思っていなかった。

変化球のようなこのシリーズ。
落語のネタや動物の豆知識で成り立っている。
でも「大義名分」と「タイ焼きブンブン」はどう考えても無理かも。
そんな、落語のクマさんと八っあんのような
2人の会話が今回もたのしめます。
「この程度のことでお前を楽にさせたりはせん」
解雇寸前の須藤警部補にいった鬼頭管理官の
粋なセリフがこの本の全て、とも言えるかも。

孔雀を愛した容疑者

51QltlAbG.jpg

| 読んだ本 | 09:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

映画「ナミヤ雑貨店の奇跡」感想

舞台あいさつで、感動をあおっていただき
前半ですでに、泣いてしまいました。
ただし、魚屋ミュージッシャンさん
クリスマスの慰問まで。

火事でテラスから
どうしてわざわざ火に飛び込むかな?
山田君たち、字がうま過ぎ。
過去への干渉、それってあり?
…SFじゃないからと言えばそうだが

せっかくの主題歌が
璃子さんの歌じゃ、響かない。
ギターとハーモニカはよかったのに。

が、関係者が次々、つながっていくおもしろさ。
3人の男の子たちが熱演
西田敏行さんの
重厚な演技
大泣きはしなかったけど
十分楽しめました。

手紙っていいですね。

ナミヤ雑貨店の奇跡

| ドラマと映画 | 19:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

映画『スパイダーマン~ホームカミング』感想

スパイダーマンシリーズでは、
一番さわやかな青春コメディ。
こういう映画がいいですね。

大金持ちのアイアンマン、
スターク社長に翻弄される、
ヒーロー見習い青年ピーター。
放置プレイも研修のうち。

でも、スパイダースーツの隠し機能が、
だんだん怖くなってくる。
でも、この会社大丈夫かな・
うっかり上司のハッピーが管理者だと、
心配になります。

『スパイダーマン~ホームカミング』

| ドラマと映画 | 07:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

映画『トランスフォーマー~最後の聖戦』感想

「アーサー王伝説」の解説から始まり
とても丁寧な、わかりやすい特撮アクション映画。
これまでの作品を全然知らなくてもOK。
スケールアップして、隠された歴史=
人類はトランスフォーマーとともにあった、という大ネタ。
敵対していたチームが、
ホントの敵・メガトロンの親玉と対決。

巨大要塞の激突寸前で!
という王道展開が、やっぱりいいね。
でも、人類の切り札が
「オスプレイでの敵地乗り込み」?
アメリカ空軍の太鼓持ちのような
気がする。
まあ、しっかり全機墜落するんだけどね。

| ドラマと映画 | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

映画『メッセージ』感想

言語学者がスゴイ!
ということが言いたい映画。

ウエルズの『宇宙戦争』の
オマージュはわかったけど、
因果関係すら覆す
未来が見える能力?
これを安易につかっちゃ、
ご都合主義に見えてしまうので、
SFとしては許せないかも。

『メッセージ』

| ドラマと映画 | 19:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

タロットの秘密(鏡 リュウジ)

タロットカードのうんちくと、
成立の歴史、流行の背景が
詳しくわかるお得な一冊。

「トランプ」と言うのは、英語で切り札の事。
リーディングのヒントも書いてある。
さまざまに示される、
カードの隠された意味が興味深い。

「釣られる男」は中ぶらりんの状態だけでなく、
自己犠牲を意味する。
「死神」は終了を意味するが、
変化も意味する。
「奇術師」は、やる気や雄弁、
「女帝」は収穫、満足感。

占いをするときに、ちょっと自慢できそうな知識。
そして「未来を希望につなげることが
タロット占いの核心だ」と言う
鏡先生の姿勢に深く共感しました。

タロットの秘密

51TO8.jpg

| 読んだ本 | 07:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

大航海時代の日本人奴隷

難破して外国に漂着した漂流民、
日本に来た宣教師たちが連れて帰った日本人。
その後どうなったのか。
やっぱり奴隷にされちゃったんですね。

膨大な資料と労力のもとに明かされる
アジアや新大陸での彼らの生活。
そしてヨーロッパにおける奴隷としての日本人
さらに中国の人々の運命。
裁判記録の中で登場する日本人奴隷たち。
解放されたものの、決してそこには
幸せな生活が待っていたわけではないと言う絶望。

日本人が帰国できるようになるのは
「日本に対しての外交カード」という役割が生まれた時
通訳、ジョン万次郎は生まれたのも
大航海時代の後だから、というのが結論。
やっぱり奴隷制って、ホントに嫌な社会です。

大航海時代の日本人奴隷

ダウンロード (26)

| 読んだ本 | 07:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>