| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

種の起源 まんがで読破(ダーウイン)

情熱的な青年・ダーウインが
ビーグル号に乗り込み、
世界の不思議な生物、
化石、標本を集めて旅をする。
そして、妻や教会に遠慮しながら
おそるおそる発表した「進化論」

その発見は、個人の独創ではなく
ヘンズロー、ラマルク、マルサス、
フッカー、ハンスクリー、ウオレス…
さまざまな学者たちの見解に影響され、
たどり着いたものだった。

うーん…。
「ダーウインの『種の起源』」というより
「進化論」と「偉人伝」の解説本なのだ。
シナリオライターさんはグールドなどの解説を
かなり読み込んでいるみたい。

「マンガだけで読んだ気になっちゃう」というのが
大変危険だと思うわたしですが、
この内容なら納得です。

ただ、ライターさんの手腕が素晴らしいのに
名前が載ってないのは謎。
もったいないなぁ。

種の起源

51xuDvD.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| コミックス | 07:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

恋につける薬(吉村 琉香)

名前しか知らなかった名作をマンガで読む。
それもいっぺんに7本も。
「嵐が丘」「椿姫」「サロメ」「たけくらべ」など
ストーリーだけじゃなくその成立の
背景までがわかっちゃうお得版。

この漫画で、古典的名作に興味がわいて、
本屋さんでちょっと読んでみようかな、と手に取ってみる
そんな高校生が眼に浮かびます。

恋愛文学喫茶「門兎」
ホントにあったら
ちょっと行ってみたいなぁ。

恋につける薬

51HU-369Px.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| コミックス | 07:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

たくのみ(火野 遥人)

「読書メーター」に書けなかった本の感想を
まとめを書くだけの、
備忘録的「雑記帳」になって、はや1年。
あとから読むと、うーん、なんだかなぁ、
というブログです。
今年もどうぞよろしくお願いします。

最近、「たくのみ。」という漫画、読みました。
お酒好きの女子のアルコール浸りの日々を
コミカルに描いた作品。
女の子がとにかく可愛い。
おおっ、ここにもたくのみがいたのかっ!

たくのみ。

51otKdlm.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| コミックス | 07:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記(竜田 一人)

福島第一原発の現場処理を
淡々と続ける下請け労働者たち。
地味な仕事を紹介するルポルタージュ。
彼らがいなければ、
原発の封じ込めはできないのだ。

一日2万円という高額の日給にひかれ
現場にもぐりこむまでの経過。
下請けをピンハネするシステムの悲哀。
ここまで明かしちゃっていいのか、
という事故現場の配置図や
立芝第二休憩所の詳細な見取り図。
とくに、猛暑の中で作業するため
手袋いっぱいにたまった汗が飛び散る描写。
その苦悩に満ちた現場を見事にあらわしている。

2巻では再び現場に戻った
「日常」の日々。
行き場のない怒りを抱え、
それでも原発現場で働かざるをえない
現地の人々の思いも伝わってくるのだった。

いちえふ 福島第一原子力発電所労働記

ダウンロード (2)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| コミックス | 07:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

マンガ日本古典文学・徒然草(長谷川法世)

前半は「枕草子」を意識したエッセイ。
当時の上流社会と市井の人々の暮らしを
垣間見るようで楽しい。
しかも、あくまで上から目線。
後半の無常観にあふれた、
僧侶としての独断と偏見による諫言。
「身勝手」ともいえる世間への断言が面白い。

妻を持ってはいけない(190段)、
知ったかぶりはくだらない(234段)、
何も期待しなければ誰も恨まずに済む(208段)、
どうせ死んだら何も残らない。
願いはみな妄想(241段)。

うーん。
よっぽどいやな目にあったんだね。

マンガ日本文学・徒然草

610TA+AFR.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| コミックス | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ねじの人々①(若木 民喜)

若木先生の新境地。哲学する萌えマンガなのだ。
自分が何者なのか、なぜ存在するのか悩むネジくん。
突然登場する非実在アドバイザー・ルネ。
真理に近づくと見えてくる美少女マコ。

哲学をベースにした若木先生の
自分探しの旅ともいえる本。
みんな悩んで大きくなったぁ!ということなのかも。

「客体真理と主観的真理」に登場した、
謎のパンツ職人・シスターガイスト、
また登場しないかなぁ。

ねじの人々

51MgVdZ.jpg

| コミックス | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

なのは洋菓子店のいい仕事②(若木 民喜)

「実は私…、セージ君の許嫁なのです」
きたぁ、ゴスロリ美少女、
だけど中身は女性版・桂木桂馬、
頭でっかちな理論派(?)お嬢様・ことは。
俄然面白くなってきた。

なにか、若木先生の持てる技を
すべて投入し始めたという感じ。
雪近VSタイムの勝負もキレがあってよかった~。

なのは洋菓子店のいい仕事②

51huA5y.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| コミックス | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ヒストリエ9(岩明 均)

アテネに苦汁を飲まされたマケドニア軍。
エウメネスは、ビザンティオン戦の名将
フォーキオンに会いに、アテネに乗り込む。

正面から交渉に入る、と見せかけて
二重三重の仕掛けがあるのがマケドニア流。
竹中半兵衛と秀吉を
合わせた以上の書記官の活躍。

9巻が出るまで、時間がかなり空いてたけど、
きれいにうまく、つながった。
ピレウスの裏の支配者・
メランティオスの正体が
あの人だったとは!
はい、驚きました。

51H00okF.jpg

ヒストリエ9

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| コミックス | 07:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

『ジョジョの奇妙な冒険』研究読本 JOJOマニア―蘇る!オラオラ伝説(目黒卓朗)

いよいよディオとの対決に入った
アニメ版「ジョジョの奇妙な冒険」
うちでは子供たちがハマっております。
とても丁寧に作られていて、原作に忠実。
SC編は、ジャンプ連載時に読んでいた私も
思わず引き込まれます。

そんな「奇妙な冒険」を、
時系列で追いかけ
スタンドの元ネタを並べ
時代背景と薀蓄を語る。
まさに、私が子供に自慢したいことを
本にしたようなマニア本。

些末な矛盾点やオタク知識の羅列に
熱くなるけど、ちょっと途中で疲れます。
何より、公認されてなかったのか
荒木先生の絵が一枚も入っていないのが
残念でした。

ダウンロード (12)

『ジョジョの奇妙な冒険』研究読本 JOJOマニア―蘇る!オラオラ伝説

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| コミックス | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ジョジョの奇妙な名言集(荒木 飛呂彦)

「貧弱貧弱ゥ」
「策ではないッ勇気だ!!」
「相手が勝ち誇った時、そいつはすでに敗北している」
「すべてはッ己の弱さを認めた時に始まる」
「師範代、あんたのしごきに対して礼を言うぜ、
グラッツェ、ロギンス」
「ワムウ、奴は戦闘者としてあまりに純粋過ぎた」

どっかで使いたい、名ゼリフが並んでいる。
だけど、仕事場で使ったら100%意味不明ですよね。
読んでニヤニヤするだけにとどめておこう。

ジョジョの奇妙な名言集 part1〜3 (集英社新書ヴィジュアル版)ジョジョの奇妙な名言集 part1〜3 (集英社新書ヴィジュアル版)
(2012/04/17)
荒木 飛呂彦

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| コミックス | 07:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

新・信長記 天(黒鉄 ヒロシ)

大河ドラマやヒーロー然とした
コミックスの重要人物としての
信長が好きだった私。
マンガの信長本はたいてい読んできましたが、
ここまでグロイとは。

黒鉄ヒロシの緻密な歴史考証と
鋭い観察眼に驚きつつ、
全く違った信長像が浮かんでくる。

虚像が独り歩きする日本史の中では、
こうした、ぜい肉をそぎ落としてゆく作業が
他の人物にも、絶対に必要なのだと思う。

新・信長記 天新・信長記 天
(2012/09/21)
黒鉄 ヒロシ

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| コミックス | 21:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

マンガの深読み、大人読み(夏目 房之介)

ジョーと飛雄馬の徹底分析、
というのが読みどころ。

原作者、漫画家、編集者、アシスタント
、多くのインタビューの中で
両作品の凄さが浮かび上がる。

夏目さんのマンガ評論は
「上から目線」と「知ったかぶり」が嫌いなんだけど、
マンガ研究という分野が
一般化していることがよくわかる。
でも、こういう読み方して楽しいかな?

マンガの深読み、大人読み (知恵の森文庫)マンガの深読み、大人読み (知恵の森文庫)
(2006/11/07)
夏目 房之介

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| コミックス | 07:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>