<< 2017-02- | ARCHIVE-SELECT | 2017-04- >>

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

ゴジラ映画音楽ヒストリア1954~2016(小林 淳)

「豪速球のドラマツルギーを語り、暴れっぷりを、
大きな構成のオーケストラが奏でる響きで真正面から語っている」
『シンゴジラ』でも、効果的に使われていた伊福部『ゴジラ』

ゴジラ一作目は戦後10年で作られたもの。
だからこそ、戦争中の
「軍楽隊の吹奏楽調をさけ、弦楽器を織り込まれた」
そんな伊福部さんのポリシーが反映しているという。

トクホのお茶のCMでもおなじみ「怪獣大戦争」のテーマ。
「映画快感と劇的高揚を高める」という解説の通り、
時代を超えて、ジャンルを超えてのアピール力は全く衰えることがない。

そして「モスラの歌」に秘められた
民族音楽の深みとタガログ語で作られた歌詞の完成度。

様々な一流の作曲者が手がけてきたゴジラ音楽。
それぞれの個性とゴジラのストーリーを
もう一度思い出させてくれる。

ゴジラ映画成功の、大事な鍵は、
音楽あった、と言えるのではないか。

ゴジラ映画音楽ヒストリア

51C-sXbl9h.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

オリンピアと嘆きの天使 ヒトラーと映画女優たち(中川右介)

同時代を生きていた2人の天才的女性
ヒトラーに愛された、レニ・リーフェンシュタールと
『嘆きの天使』で大抜擢された、マレーネ・ディートリッヒ。

2人を軸に、戦争と平和、そしファシズムの戦い、終戦、戦後。
彼女たちの壮絶な生き方を描く。

さらに間接的に戦意高揚映画に出ていた原節子、
父がヒトラーの協力者で、幼年期に
ナチスの軍靴に翻弄され続けたオードリー・ヘプバーン。
この2人が絡んでくるのだ。

弾圧に堪え、権力にすり寄って、
それぞれ頂点にたどりつく。

また反ナチスの活動で、
泥だらけになり最前線で
連合軍の慰問に走り回るデートリッヒ。
しかし戦後のドイツでは、
裏切り者として評価されなかったのだ。

1周回って知らない話がたくさんあった。
戦場に響く、彼女の『リリーマルレーン』。
慰問先で発表されるノルマンディー上陸の知らせ。
連合軍の前で、ジャン・ギャバンとキスをする
デートリッヒの輝きは今読んでもまぶしい。

だが、ナチスの暴力をしらなかったと言うドイツ人たち。
実はデートリッヒの姉も、
ナチスに間接的に協力していたという。

生き残るために何でもしなければならない、
それを断罪されても…というせつなさ。
個人の弱さと国家の暴力の関係は
どうしようもないのになぁ。

オリンピアと嘆きの天使

ダウンロード (22)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

園芸家の1年(カレル・チャペック)

親バカならぬ「園芸バカ」としての
ユーモアあふれる園芸日記。
「植物バカ」たちの愛すべき自虐ネタの数々。
園芸家でもないけど、思わず吹き出してしまう。

寒さと戦い、雑草と戦い、日照と暑さに戦い、
子供のいたずらを嘆くチャペック。
やさしさと博物学的な知識、
ウィット溢れる文章とヘタウマなイラスト。
ホッとしたいときに読むのいいかも。

でもこの作品は、ナチスの影が忍び寄る
「恐怖の時代」に書かれたもの。
「ナチスの影」がチェコスロバキアに迫っていた時代。
その中で描かれた作品なのだ。

チェコ版『この世界の片隅に』といってもいいかも。
どんな時代でも
「想像力を上へと育てる」。
「神様のおかげで、私たちはもう1年未来に進むのだ」
という決意。

その大事な部分を解説する、
いとうせいこうさんの「あとがき」が
さらに素晴らしかった。

園芸家の1年

ダウンロード (21)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

読書は1冊のノートにまとめなさい完全版(奥野宣之)

選ぶ本のヒット率を上げる。
マーキングして読む。
記憶に残るように読書ノートを作る。
それを読み返したりして、活用する。
自分にとって大切なことを、一言で書く。

「感想文」と言うと大変だけれど、
この「一言でいいよ」「1番面白かった部分だけ」という発想。
多読派、雑読派として、すごく共感します。

読書は1冊のノートにまとめなさい完全版

ダウンロードx

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

| 読んだ本 | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |