<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

終末のラフター(田辺イエロウ)

舞台は欧州の田舎の街。
震災の津波を連想する
「街を食い尽くす悪魔」の記憶
恐怖のカタストロフィー。

田辺イエロウの描く
実験的ダークファンタジーの傑作だが、
このあとのバードマンとは
かなり感触に落差がある。

愛が深いほど
その代償として憎しみ、恨みが深くなる。
何ともやるせない人間の「業」が
読むものにのしかかってくるのだ。

終末のラフター (少年サンデーコミックススペシャル)終末のラフター (少年サンデーコミックススペシャル)
(2013/03/18)
田辺 イエロウ

商品詳細を見る


たぶん、もっと大きな話になるはずだった
回収されない伏線の数々。
聖剣十字団も、悪食の魔物の謎も
わからないまま…

登場人物の名前も
古典や戯曲から来てるらしいけど
導入だけで終わってしまったことが残念。

兄と妹の孤独な旅の
次の宿泊地にも
危険と迫害が待っている。

続編、期待ています。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| コミックス | 07:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1016-09d77636

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>