<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

窓際ドクター(川渕 圭一)

病棟のデイルームで
患者さんとお話するだけの
中年医師・紺野佑太。
謎めいた行動を追っていくと
意外な過去と、
秘めた思いが見えはじめる。

物語の中で、BGMとして流れる
『Stayin' Alive』
僕らの世代はジョントラボルタの
ちょっとふやけた顔が
思い浮かぶだけだが、
小説の中では
「お父さんたちの青春の曲」として
ノスタルジックに、
かつ優雅に使われている。

これは、新しい発見。

窓際ドクター窓際ドクター
(2013/10/24)
川渕 圭一

商品詳細を見る


要領よく生きることだけに
腐心してきた研修医・真吾が
少しずつ変わっていくところが素敵だ。
同僚のキンキン声の
キュートな研修医・瑞希との恋。

病棟の運営上、病名が確定しても、
検査のために患者を縛ろうとする医長たち。
ムズムズするような
リアル感があるのです。

現場が大変な中、たしかに
「手を動かさない」先生は困るけど
こんな先生を配置できる、
余裕のある診療報酬ならいいのにね。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1066-83120132

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>