<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ワーキングガール・ウォーズ(柴田 よしき)

アラサー、アラフォーの女性たちを取り巻く
ストレスたっぷりの世界。
柴田よしきさん得意の分野。
お姉さま達の活躍が
実にねちっこく、
親しみをもって描かれている。

今回も女性管理職と
ケアンズ在住ツアコンの
女の悩みと葛藤の日々。
ゆるミスとして
読みごたえありました。

ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)ワーキングガール・ウォーズ (新潮文庫)
(2007/03/28)
柴田 よしき

商品詳細を見る


皴の数すら勲章にできてしまう、
大企業の係長・翔子。
傷心末にケアンズに
流れ着いた真奈美。
メーリングリストで知り合った
二人の女の友情。

学歴と容姿で差別する男中心の
会社ワールドの不条理。
いじめ、羨望、中傷、が渦巻く、
OLと派遣社員の厳しい人間関係。

エグイのだがユーモラスに描かれていて
共感できるのだ。

中年女性の年相応の活躍、そして恋。
読んでいる男性にも元気をくれるのだ。

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 03:45 | comments:0 | trackbacks:1 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1067-10b36413

TRACKBACK

『ワーキングガール・ウォーズ』

柴田よしき 『ワーキングガール・ウォーズ』(新潮文庫)、読了。 ハイミスOLと30歳目前海外組の2人の女性の悩ましい日々の物語。 何より2人のキャラクターがウィットに富んでいて、 また彼女たちの周りで巻き起こる騒動がちっちゃなミステリだったりして、 楽しく読めました。 でも、OL翔子が勤める会社での騒動は、 働く女の嫌らしさを見せつけてくれるエピソード満載で、 その...

| 観・読・聴・験 備忘録 | 2014/03/27 20:33 |

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>