<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

タモリ論(樋口 毅宏)

タモリが「お笑いバカにすんなよ」といった件が
一部ネットで盛り上がっています。
そこで『タモリ論』(樋口毅宏)読んでみました。

「笑っていいとも」終了とともに、
再度、注目されるその話芸。
私達はタモリの、何が面白くて、何に魅かれたのか。
吉田修一の『パレード』に出てくる
「身にならなさ」から展開する「虚無性」の指摘。
さらに、たけし、さんまたち、お笑いBIC3の
笑いの原点がパクリ(いい意味で)にあること、
その元ネタを次々開闢。

タモリ論 (新潮新書)タモリ論 (新潮新書)
(2013/07/13)
樋口 毅宏

商品詳細を見る


そこまで言っていいの、というギリギリの内容。
なのに許せてしまう、愛ある検証の仕方。
そしてこれなら許せる「パクリの6条件」

①カミングアウト
②愛と感謝
③センスがあること
④もとネタを超えている
⑤新しい解釈を加える
⑥元ネタを再評価化させる

新しいネタを考えるより高そうなハードル。
こえられる人、いるのかな~。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1087-3e49c55f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>