<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

アキバの帝王(新藤冬樹)

作者の新藤冬樹さんは実際に
芸能事務所、
作家集団、
プロデュース、
何でもこなす人らしい。

この作品も、「この人ホントはオタク嫌いだよね?」
という部分と、
その方面のプロしかわからないかも?という
「におってくるようなオタクたち」の描写
じつに落差が激しい。
合作?かな。とも思えるほど。

表紙の魅惑的な小悪魔は
最後まで登場しなかったね。

アキバの帝王アキバの帝王
(2011/07/28)
新堂 冬樹

商品詳細を見る


親の因果が子に報い、
ヤクザな乗っ取り屋が、
実は「マナピー応援団長」だったという
アキバのメルヘン。

だが、冒頭の暴力シーンがこびりついて、
ワタシ的には、なかなか楽しめない。
ペットショップを騙して乗っ取る悪いやつなのだ。

私設応援団長が実は「芸能プロ社長」って
勇者と魔王が同じ人、みたいですよね。

それでも崩れない男の友情に拍手すべきか?
策略の末、メジャーデビューをさせた
相棒の手腕に驚くべきか?
マンガの原作なら、アリかもね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1088-6a2690a8

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>