<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

新国立競技場、何が問題か(槇 文彦、大野秀敏 他)

何回見ても不気味なフォルム。
なぜこれが「新国立競技場」なのか理解に苦しむ、
とおもったら、専門家もそう感じてたみたい。

設計のプロと気鋭の評論家が書いた
『新国立競技場は何が問題か』
都市景観の立場
プレゼンの妥当性
歴史的な街づくりの経過
その、どれをとっても
疑問符が付く今回の計画。

先人たちが苦労してつくりあげた
「神宮外苑」という美しい作品。
その「歴史的文脈」を台無しにする愚行。
みんな怒ってます。

新国立競技場、何が問題か: オリンピックの17日間と神宮の杜の100年新国立競技場、何が問題か: オリンピックの17日間と神宮の杜の100年
(2014/03/27)
槇 文彦、大野秀敏 他

商品詳細を見る



あのUFOのような東京体育館ですら
景観を考えて、かなりの部分を地下化
外苑からの景色の調和を図ってきた。
今回の異形の物体は、
北京オリンピックの『鳥の巣』のようなセンス。

100年かかって作った景観が
台無しになる。
「ハイヤーの売り上げを伸ばすために、
スーパーカーを導入する」というミスマッチ
公共投資としても、これから膨大な維持費がかかる
まさにお荷物。
辛辣な意見が並んでいたが、
かなり共感できる本でした。 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1094-ad15fc51

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>