<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

花もて語れ(片山 ユキヲ)

辛い生い立ちから
自閉気味になった少女・ハナ。
学芸会の『ブレーメンの音楽隊』の
ナレーションで悩むある日、
教育実習生の折口に教えられた
朗読の基本「視点の転換」

苦手だった朗読が得意となったハナは、
大人になってからもピンチの時に、
朗読に救われる。

社会人になったハナは、
藤色朗読教室に集う個性的なメンバー。
一人一人にすごいエピソードが隠されていそうな予感。

「文学は本来読み聞かせるもの、
大正までは大人も音読するのが当たり前だった」という。
黙読が忘れてしまった「伝える力」が
朗読でよみがえるのだ。

花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)花もて語れ 1 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
(2010/09/30)
片山 ユキヲ

商品詳細を見る


後半のエピソード、宮澤賢治の『やまなし』が
別の物語のように再生される過程は、
朗読体験がある世代の涙腺を
確実に刺激する話だ。

表情豊かなハナが、
次にどんな顔で朗読をするのか
2巻以降が楽しみだ。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| コミックス | 07:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1101-c431346b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>