<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

今やる人になる40の習慣(林 修)

じつに共感できたし、
読ませ方が上手い。

簡単に言っちゃうと、
自分のボジシションを明確にし、
順序たてて、計画的にやるためのノウハウ集。
机の上の整理法から始まり、
時間の使い方、失敗とどう付き合うか、集中はどう高めるか、
わかりやすく、解説してくれる。

当たり前のようなことも、見える形で示してもらえると
ちょっとやってみたくなる。
記録するということの大切さは、
日々、実感しているところです。

今やる人になる40の習慣今やる人になる40の習慣
(2013/04/15)
林 修

商品詳細を見る


若いころ漫画を毎日のように
読み続けていた林先生。
あるとき、この漫画を読む時間に
できなかったことはなんだろう?と、
読みたかったけど時間がなくて読めない本を
書き出してみた。という。

「ひとは、できたことがその人の一部、となるが
『できなかったこと』もその人の一部なのだ」
やれなかったことをリスト化することで、
何をするべきかがはっきりする。

じつは、私も同じ経験が。
ブログや読書メーターでの記録が、
本を読む数を飛躍的に増やしてくれたのです。

野球でよく「守備のミスを打席で取り返した」というけど、
それ、おかしくない?
そう、ミスや失敗は決して取り消せない。
むしろ、消してはダメなのだ。
「失敗は『負の経験』という財産なのだ」というとらえ方。
いいでしょ。

「有能な人間は失敗から学ぶから有能なのである。
成功から学ぶものなどたかが知れている」(W・サローヤン)

「失敗とは転ぶことではない。
そのまましゃがみこんでいることだ」(M・ビッグフォード)

アメリカの作家とカナダの女優も同じことを言っている、と結ぶ。

時間を気にすることで集中力は飛躍的に高まる。
コミニュケーションは、
「メール」、「電話」、「対面交渉」の
特性をよく見極めて行う。
努力は量だけでなく、ベクトルが大切。
「仕事の努力は努力じゃない」
なかなか楽しいビジネス本でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1113-70d87958

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>