<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ウソをつく力(赤塚 行雄)

STAP論文、韓国の沈没事故…
信頼を奈落の底につき起こす「ウソ」が続く。
しかし、人間だけが嘘をつく、
「それは自分と現実との間を調節する能力」という。

「ケレンシア」(闘牛士の踏み込んではいけないエリア)
以外の部分でのウソは、
時に歓迎され、元気になれる。

ヘッセの小説「ダーミアン」、
サンタクロース、プラシーボ。
さらに、闘病の意欲を与えたり、
捕虜収容所でフランス兵の
心の支えとなった幻の少女。
児童向けに書かれたにしては、
やたら格調高いのがいい。
アメリカのほら話や「うそかえ神事」

ウソとうまく付き合うのが人間なのだ。

(024)ウソをつく力: 人はなぜウソをつくのか (ポプラ新書)(024)ウソをつく力: 人はなぜウソをつくのか (ポプラ新書)
(2014/02/05)
赤塚 行雄

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1120-baabe4c2

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。