<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

さいごの毛布(近藤 史恵)

ドロドロの不倫に悩む碧。
家族とうまく付き合えない智美。
実の息子を切り捨ててしまった麻耶子。
それぞれの過去と思いが交錯する、
老犬ホームを舞台にした、
人間模様のミステリー。

私は「犬派」なので、
個性的な犬たちの気持ちと動きに激しく共感。

タヌ吉の爛漫さ、
クロの孤独、
とくに智美のパートナーとなるまでの
パピヨン・ララの大きな変化。
心を癒してくれる犬の存在がとても素敵だ。

さいごの毛布 (単行本)さいごの毛布 (単行本)
(2014/03/26)
近藤 史恵

商品詳細を見る


時に心を鬼にして割り切らなければならない、
老犬ホーム「ブランケット」の経営。

犬が好きすぎては務まらない現実。
「犬は昨日を愛する生き物」
「今日も昨日と同じであればいいと思っている」
という麻耶子のセリフに、
犬心理の基本を見た。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村 
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1130-327660dd

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>