<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

鉄道ひとつばなし(原 武史)

読書遍歴の長さと幅広さが
行間からあふれてくる、
原武史さんのエッセイ。

電車と駅にまつわるエピソードを、
本や事件にからめて解説してくれる。
それも見事に、ニッチな (どうでもいい) 話が多いのだ。

天皇が通勤車両に初めてのったのは『つくばエクスプレス』。
桐野夏生の『OUT』の殺人現場は、ロケーションから武蔵砂川である。
青山七恵の『ひとり日和』の舞台は芦花公園…

専門的にならず、あくまでも「通りすがりの旅人」のような視点がうれしい。

鉄道ひとつばなし3 (講談社現代新書)鉄道ひとつばなし3 (講談社現代新書)
(2011/03/18)
原 武史

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1134-f96210a5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>