<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

社史編纂室 アフター5魔術団(安藤 祐介)

会社の地下にある「社史編纂室」
「星間商事」とはちがい、
東洋電光の「社史編纂室」は、
不要なフロッピーの裁断をひたすら行う、いわゆる「リストラ部屋」

「砂漠の真ん中に放り出された」失意の主人公だけでなく、
息子は悪いグループに引き込まれ、
娘は陰湿ないじめを仕掛けられ、
妻はパート先で店長と…

家族崩壊の寸前で、出会ったのが路上ライブのお姉さん。
そこから、はじまる「アフター5の路上マジック」という
人生の逆転をかけるショーが始まる。
融通の利かない中年社員が、
趣味のマジックで生きる力を取り戻していく。
トランプマジックを見せながら語る言葉が深い。

「無作為で混ぜているようでも、
実はカードはコントロールされているのさ」

人生もおなじ。
「運命の半分」は自分の手の内にあるのだ。
家族がそれぞれ、自分を取り戻してゆく、再生の物語。
年が近いだけに、エンディングにはやっぱり、ジーンと来ました。

社史編纂室 アフター5魔術団社史編纂室 アフター5魔術団
(2013/01/25)
安藤 祐介

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1160-115a8e4a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>