<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

のほほん雑記帳(のおと)  (大槻 ケンヂ)

又吉の本をよんで、
雰囲気、誰かに似てるな~とおもったら、
大槻ケンヂでした。

書かれてから20年、
やっぱり時代を感じてしまう。
切なさと猥雑さにあふれたエッセイ。

とくに、「君は『天動説の女」になれるか」にみる、
ロック論が印象的。
日本のロックは「大人になりたくない」というコンセプトでできている、
しかし、大人になるのは義務である、
それを教えるのがロッカーの仕事…
そうなのか!

寄せ集めふうに見えて、
考え抜かれた構成。
やっぱり、ただの、のほほんではない。

のほほん雑記帳(のおと) (角川文庫)のほほん雑記帳(のおと) (角川文庫)
(1997/04)
大槻 ケンヂ

商品詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1178-fa9653f6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>