<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

こんにゃくの日本史(武内 孝夫)

おでんの具、程度の認識だった「こんにゃく」
野生動物にはエグ味のせいで「毒芋」と認識されるのに、
すりつぶし、寝かせて、石灰で固め、あく抜きし、手をかけて
作られる、まさに工芸品のような食べ物。

保存食として日露戦争で兵食となり、
工業用の糊となり風船爆弾に使われ、
多くの命を救うペニシリンの培地となり、
今は、健康食品としても食卓に並ぶ。

こんにゃくの中の日本史 (講談社現代新書)こんにゃくの中の日本史 (講談社現代新書)
(2006/03/17)
武内 孝夫

商品詳細を見る


江戸末期には、刺身やおでんの具として大ブームとなり、
製造法を独占した水戸藩に莫大な利益が転がり込む。
幕末の水戸藩を支え、攘夷志士の資金源となった側面が面白い。
徳川斉昭と中島藤右衛門らが、攘夷派と結び、
逆に保守派が、和紙の製造で政治資金を作って対抗。
あってもなくても差しさわりのない食べ物が
日本を揺るがす「桜田門外の変」の軍資金となったという。

「こんにゃくバブル」「こんにゃく公害」「こんにゃく王国」
「挨拶以外はみんな嘘」という下仁田のバイヤーの
腹の探り合いとマネーゲーム。
しかし、いまや機械化による生産過剰と
中国産の攻勢におびえ、斜陽産業となっている。
こんな歴史があったんですね。

身近な食べ物なのに知らないかったことがたくさん。
食べなくても別に困らないコンニャクと同じで、
別に知らなくてもいいお話ばかりですが
「食べ物から見た近代史」がみえる面白い本でした。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1189-01a2416a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>