<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

翔ぶ少女(原田マハ)

震災、父母の死、新たな出会い、そして復興…
舞台は阪神大震災だが、
東北の被災地に贈るエールなのだ。

原田マハさんの描くドラマの特徴は
ハードな設定にもかかわらず、
やっぱり「ほっこり」感。
だから登場人物たちが
みんな、いとおしい。

震災でみなしごになった
ニケ(丹華)、イッキ(逸騎)、サンク(燦空)という
ちょっとDQNネームな3兄妹と
妻を亡くし、息子に去られた心療内科のゼロ先生の
傷ついた心が癒されていく物語。

「母を見捨てた父が許せない」という
ゼロ先生の息子・祐也先生。
(トリアージをしなきゃいけないお仕事なのにね)
彼さえも、ニケによって救われていく。

「生きて生きて生き抜くんや」
響く熱いメッセージ。
でも、関西弁だと、どうしても、
じゃりん子チエの顔しか浮かばない。
ゼロ先生がテツに見えてきた…。
そこでまた、ちょっとほっこりできるのでした。

翔ぶ少女 (一般書)翔ぶ少女 (一般書)
(2014/01/10)
原田マハ

商品詳細を見る

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1192-14990147

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>