<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

人妻魂(嵐山 光三郎)

朝ドラで話題の「柳原白蓮」をはじめとした、
戦前の文学界の女性が注目されている。
これた、嵐山視点で見た、
明治・大正期の女傑図鑑だった。

古い時代を打ち破ろうとする女性たちの、
タガが外れたような
言動、行動、妄言、迷走、の数々。
確かに男も悪いけど、文豪たちを苦しめ、
もてあそんだ女たち。
家柄のいい清楚な女学生が、
教師に騙され、文学者に落とされ、妻となって豹変し、
心中まで追いつめてしまう情念を発揮する。

女性は「戦後強くなった」のでなく、
最初から強かったのだ。

夢二、鉄幹、藤村、白秋らにより、
もてあそばれた女たち。
そして、波多野秋子、岡本かの子、森三千代、
宇野千代、らいてう、など巻き込み型の猛女たち。

怖いけど会ってみたい、と思ったのは
私だけではあるまい。

人妻魂人妻魂
(2007/08/23)
嵐山 光三郎

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1218-50c97385

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>