<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

アメリカ型ポピュリズムの恐怖 「トヨタたたき」はなぜ起きたか(齋藤 淳)

好調企業の突然の凋落が続いた。
情報漏えいでB社株が暴落、
中国の映像でM社も大打撃。

しかし、そんな事件を上回る世界を震撼させた
「プリウスの電子制御装置の暴走」騒動があった。
終わってみれば、ブレーキペダル下の
マットが挟まっただけの事件なのに、
扇動報道により、つぎつぎに押し寄せる類似訴訟の嵐。

震災とタイの水害で追い打ちをかけられトヨタが苦境に立たされる。
アメリカでナンバーワンになったがための、
プライドを傷つけられた国民と、
工場閉鎖に怒る労組、
弁護士の過当競争状態、
様々な要因が明らかにされ、
それを乗りきる、企業努力と信頼回復。

震災での「トモダチ作戦」も、
なんらかの見返りが必要という現実。
ポピュリズムへの理解と警戒は
これからますます重要という教訓の本だった。

アメリカ型ポピュリズムの恐怖 「トヨタたたき」はなぜ起きたか (光文社新書)アメリカ型ポピュリズムの恐怖 「トヨタたたき」はなぜ起きたか (光文社新書)
(2012/12/14)
齋藤 淳

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1238-8bf10137

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>