<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議(吉田 たかよし)

テレビで見る不思議なタレント・吉田たかよしさんが
人間の体のしくみと
進化の歴史を解説した真面目な本。

でも頭に「宇宙」とつけただけで怪しげに聞こえるもの。
宇宙生物学ですか…

・酸素が毒であったが、この酸素の反応性の高さを
エネルギー源としたのは、生命史上の革命だ。
・活性酸素とがんの密接な関係。
・貧血は「鉄・差し控え戦略」だ。
 貧血を解消したため
 アメーバ赤痢に襲われたマサイ族。
・セントラルドグマ(中心原理)は
 みな同じである地球の生物。
・ジャイアンインパクトと月の成り立ち。

まあ、ちょっと散漫だけど、
面白くてためになる、科学入門書になっています。

宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書)宇宙生物学で読み解く「人体」の不思議 (講談社現代新書)
(2013/09/18)
吉田 たかよし

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1259-5ff1540c

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>