<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

移民の宴(高野 秀行)

冒険家の高野秀行さんが、
辺境や危険地帯ではなく、全編日本で取材。
日本に住む外国人のコミュニティを
食生活から描く労作だった。

前作『アジア新聞屋台村』の
モデルとなった編集長も実名で登場。
あの新聞は「スーマイ・タイムス」というのか。

3.11の震災に巻き込まれた、外国人たち。
でも、「パキスタンで地震があった時支援もらったから」と
カレーライスの炊き出しをしたパキスタン人や
各地で活躍していたイスラム系の人々。
「人を助けるのは当然だ」という気持ちが、改めてうれしい。

移民という言葉から、「取材NG」も多かったという今回のレポート。
「いろいろあるけど、この20年で
外国人への差別や偏見は激減した」
日本でも、外国人が普通に受け入れられる素地が確実にある、
ということが理解できてよかった。

移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活移民の宴 日本に移り住んだ外国人の不思議な食生活
(2012/11/15)
高野 秀行

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1270-4163eabe

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>