<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

いと―運命の子犬(原田 マハ、秋元 良平)

介助犬になるために生まれてきた、
レトリバー犬の「いと」。
育ての親(パピーホーム)の太田家ですくすくと育ち1年。
養成所へ送り出したのに、介助犬にはなれず落第。
でも、もう一つの生き方があったのだ。

それが「キャリアチェンジ」。
犬にだって可能性はたくさんある。
愛知から東京近郊の鹿内家へもらわれていく、いと。
でもそこでも別の試練が待っていた。

介助犬の法律のことも、
障害者のために何をするのかも知らなかったけれど、
原田さんの本を通して、
日本の介助犬とそれを支える人々の取り組みを知ることができた。

介助犬たちの生き生きした姿を焼き付けた、
秋元良平さん写真がどれも可愛い。

いと―運命の子犬いと―運命の子犬
(2011/03)
原田 マハ、秋元 良平 他

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1285-a034e5db

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>