<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

文豪たちの大陸横断鉄道(小島英俊)

「花子とアン」で最終回まで主人公に憎まれ口を聞いた、
宇田川女史のモデルは林芙美子。
彼女も、シベリア鉄道で
ヨーロッパに鉄道旅行しているのだが、
全て三等車を選ぶ、貧乏性な
ケチケチ旅行だったのが面白い。

文豪や著名作家たちのエッセイの抜粋から、
横光利一の憧れとコンプレックスの反映、
野上弥生子の客観性など、
大正、昭和の文豪たちが鉄道で
満州、シベリア、ロシア、ヨーロッパを旅した時代の
エキゾチックな旅情が蘇る。


文豪たちの大陸横断鉄道(新潮新書)文豪たちの大陸横断鉄道(新潮新書)
(2012/10/05)
小島英俊

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1294-0e685949

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>