<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

人生ベストテン(角田 光代)

全体的に重くない角田さんの本。
たまたま隣の席に座っただけの、
瓢箪顔の下膨れの女との出会いから、
なぜか魅かれて付け回してしまう男の話
「飛行機と水族館」が怖かった。
嫌われるほど惹かれてしまう
人間心理の機微の描写はさすが。

同窓会であった、偽の同窓生による
高級鍋セットの押し売り事件から、
40歳の私が振り返る13歳の思い出
「人生ベストテン」。
男と女のとらえ方の違いを
考えさせられる一編でした。

人生ベストテン人生ベストテン
(2005/03/02)
角田 光代

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1297-04a791c6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>