<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

風のマジム(原田 マハ)

神秘の作業、酒作り。
今、朝ドラ『マッサン』はウイスキーを作ってるけど、
この本は、沖縄のサトウキビを使った、
「風の育てた酒」をつくるという事業なのだ。
派遣社員から社長に上り詰める、
伊庭まじむ(真心の意味)のサクセスストーリー。

トントントンとすすむとそれだけで終わっちゃうんで、
話が折り返す旅に下準備のところに戻っていくスイッチバック方式だった。
3年前はこの辺が読みづらかったのかも。
しばらく積読でしたが、今回やっと読了。

おばあとおかあに愛され、
吾朗、冨美枝、瀬那覇さん、儀間さん、
ささえる人々と困難を乗り越えて
東大東島に会社をつくる部分より、
前半のベンチャー募集に一喜一憂する場面の方が
イキイキしていた気がする。

風の酒(かじぬさきや)である
『風のマジム』のモデル、
ラム酒「コルコル」が飲みたくなった。

風のマジム (講談社文庫)風のマジム (講談社文庫)
(2014/08/12)
原田 マハ

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1315-d560aea3

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>