<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

巨流アマゾンをさかのぼれ(高野 秀行)

高野さんのブラジル探検記。
初期の高野さんの作品は、
漂う文学青年臭がとても気持ちいい。
どこに行っても、放浪者としての自分の立ち位置がしっかりあり、
トラブル歓迎、僕は素人、ワクワクワクという雰囲気。
読んでいてほれぼれ。

変わりゆくアマゾンと、そこで暮らす人々が生臭く、エネルギッシュで
「秘境もの」とはまた違ったルポライターとしての高野さんがすごいっ。

巨流アマゾンを遡れ (集英社文庫)巨流アマゾンを遡れ (集英社文庫)
(2003/03)
高野 秀行

商品詳細を見る
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 10:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1335-80b19cb4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>