<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

映画『寄生獣』見てきました。

地味なヒロイン・里美役に橋本愛ちゃん。
うーん。加奈(途中で殺される)かと思ったら里美かぁ。
わかりやすくするために不良少女と
お父さんは省略
(お母さんは、なんと薬剤師でシングルマザー)
でもテンポがよくって、
ホラー・エンターテイメントとして
楽しめる(ほどよく怖い)映画になっていました。

原作の持つ、残酷さと不気味さは
アニメでもよく表現されていたけど、
実写版は特撮、CGがかなりスゴイ!
(だから、やっぱり寄生生物の食餌シーンが気持ち悪い)

岩明均の作品はどれも、
人間の救いようのない原罪に対する鋭い指摘と
同時に、人間が愛しくてたまらない(とおもう)
そんなまなざしが、かいま見えてくる話が多い。
その意味では、この映画は見た後、
他者との共存の否定のみ強調されるようで
なんかちがうんだよね。
(そのへん「完結編」で解消されるのかもしれない)
あと、怖さより面白さを強調する日テレ番宣が
ミスマッチだったのが、ちょっと気になる。

寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌーン)寄生獣(完全版)(1) (KCデラックス アフタヌーン)
(2003/01/21)
岩明 均

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ドラマと映画 | 07:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1382-49d27814

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。