<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

チャウシェスク銃殺後―ルーマニアはどこへ(鈴木 四郎)

米原真理さんの「嘘つきアーニャ」を読んでから、
チャウシェスク後のルーマニアのことを
知りたくて読んでみたものの、
文章がなれないせいか、
ルポルタージュとしても面白くない。

米原さんの「いまのイリエスク政権は
夫妻とドラ息子が抜けただけの旧体制」
という報告の方がはるかにわかりやすい。

50人の指導者リストに、
バルブ・ザハレスクが入っていないことから、
アーニャのパパは、やっぱり力がない人だったようだ。

チャウシェスク銃殺その後―ルーマニアはどこへ (中公文庫)チャウシェスク銃殺その後―ルーマニアはどこへ (中公文庫)
(1991/04)
鈴木 四郎

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1387-1fecc28f

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。