<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

五反田駅はなぜあんなに高いところにあるのか(長谷川裕)

「昔は電車が燃えて当たり前だった」
「ツバメが巣を作りそうだ(堀切駅)」
「穴に潜って山手線内に侵入(京成線の消えた地下駅の話)」…
こちらの気をそそるタイトルのつけ方がうまい。
狭軌広軌論争、駅名の不思議、など
鉄道トリビアと、幻の第二山手線、など雑学本。

表題は、池上電鉄が都心に乗り込むために、
五反田駅は高架になった、が正解だが、
そこから、戦後の鉄道経営者に光をあて、
私鉄・国鉄の軋轢、震災後の明暗、と
話がふくらんでいくのが面白い。

また、村上健さんの抒情溢れるイラストがいい。
江の島の竜宮城のような駅舎、
(「終点のあの子」の舞台)
原宿の皇室ホーム、
上野のモノレール、
やっぱり鉄道っていいよね。

五反田駅はなぜあんなに高いところにあるのか(東京周辺 鉄道おもしろ案内)五反田駅はなぜあんなに高いところにあるのか(東京周辺 鉄道おもしろ案内)
(2010/03/25)
長谷川裕

商品詳細を見る


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1390-cbc324b6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>