<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

関係する女、所有する男(斎藤 環)

バックラッシュ言説、
科学者が加担した「トンデモ化」した論文が
めったぎりにされている2章が面白かった。
「なまじ正しい記述があるだけにたちが悪い」
『地図の読めない女』論。
第三章「すべての結婚は不幸である」では、
著者の結婚制度への絶望が感じられる。
第五章「おたくにジェンダー格差」
アニメ世界で見る「所有」するオタクと、
「関係」しようとする腐女子。この辺りは激しく納得。

一部むつかしかったけど、ラカンの論説や、
「ジェンダーセンシティブ」について、
考えるいい機会になったかも。

関係する女 所有する男 (講談社現代新書)関係する女 所有する男 (講談社現代新書)
(2009/09/17)
斎藤 環

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:07 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>