<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ロマンス小説の七日間 (三浦 しをん)

翻訳家の主人公が訳すのは
甘―い中世騎士と女領主のロマンス。
自分の彼氏の言動からの妄想が筆にこもり、
翻訳が意訳を超え、
「違訳」「煩悩訳」ともいえる内容に飛び跳ねる。
小説とリアル、二つの恋が最後はきれいにまとまるのはいいけど、
しをん版「騎士もの」はちょっと中途半端だったかも。
ふらふらする神名は、
麻木さんのいう「早稲男」という感じだ。

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
(2003/11/22)
三浦 しをん

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1463-9cacded0

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>