<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

店長がいっぱい(山本 幸久)

二代目社長の空回りの努力が、
業績悪化と失笑を買い、
しかし最後はそれを跳ね返して逆転していく。
なんか、「○塚家具」の
親子騒動を思い出しちゃいました。

牛丼屋のストライキ騒ぎ、
創業者伝説あふれるブラック企業を舞台に、
真田10勇士をもじった店長たちが活躍。
あれ、7人しかいないぞとおもったら、
望月六郎は営業、
霧隠才蔵はフランチャイズ事業部、
根津甚八はもと特撮ヒーロー店員か。
なるほど。

店長がいっぱい店長がいっぱい
(2014/11/14)
山本 幸久

商品詳細を見る


にほんブログ村 小説ブログ 現代小説へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1466-e917b9b1

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>