<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

もし日本という国がなかったら(ロジャー・パルバース)

宮澤賢治、井上ひさしが好きという、
日本オタクのアメリカ人が書いた、
日本大好き本。

日本の美の本質は
「完全有欠」
「陰翳礼讃」
「無私の心」
「諸行無常」にある、という。

ただ、読んでいて「ぼくは」という部分が気に障って、
なかなか感情移入できない。
古典も含めてよく勉強してすごいね、という感じ。

対談は「意見の一致」を探る気配りばかり、
いま日本は「新しいパラダイム」が生まれつつある、
あらゆる宗教に敬意を払えるのは日本だけ、
など面白い視点だった。

もし、日本という国がなかったらもし、日本という国がなかったら
(2011/12/15)
ロジャー・パルバース

商品詳細を見る


にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1498-dc7b48bc

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>