<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

時代劇は死なず! (春日太一)

ブームとは終わりが来るもの。
でも時代劇はその試練を何度も乗り越えてきた。
支えてきた才能と新しいアイディアが
「古い」「時代遅れ」というレッテルをひきはがし
不死鳥のようによみがえってきた。

「座頭市」「紋次郎」「必殺!」
それぞれ、古いものを壊し
新しい波を作り、
次の波に押し流されていく
繰り返し。

映画で、テレビで、時代を支えてくれた先人たちの、
栄光と凋落のエピソードはどれも読んでいて気持ちがいい。
でも、この本の初版が出たあとの
時代劇のレギュラー枠消滅と凋落ぶりは
著者の予想に遙かに超えたものだった。

ダウンロード (8)

時代劇は死なず! 完全版: 京都太秦の「職人」たち

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1528-8a098a3b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。