<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

歴史を動かしたプレゼン(林 寧彦)

スペイン王に大西洋横断の費用を出させたコロンブス。
清須会議を手玉に取った秀吉
ロシアの女帝に帰国を認めさせた大黒屋光大夫、
オリンピックを復活させたクーベルタン。

個人の努力というより、
卓越した「プレゼン力」のポイント。
林先生の「私が○○なら、こうプレゼンした」という
「もしも案」も楽しめる。

コロンブスは冒険家でなく「プランナー」だったという話が面白い。
困っても、焦ってもいなかったポルトガルのジュリアン2世。
それにたいして、スペインのイザベル女王は、
アフリカ航路開発とレコンギスタで出遅れ、
焦っていたのだ。
4800海里をあえて2,400海里と「計算ミス」も計算の上。
あえてそこに「ジパング」を作り出した、というのがすごい。

プレゼント+プレゼンス(人格)という
プレゼンテーションの大切さがよくわかるのでした。
歴史を動かしたプレゼン

ダウンロード

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1574-d9335d87

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>