<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

映画「バケモノの子」感想

話題のアニメ「バケモノの子」(細田守監督)を見ました。
とにかく、ジブリよりわかりやすい、泣ける話です。
ニンゲンの世界で居場所を失った少年・蓮が、
渋谷の裏側にある、ケモミミだらけの異世界で
師匠・熊徹に弟子入り。
いろいろあって一人前に育ち、
突然襲いくる表裏の「渋谷」の危機に挑むお話。

噂通りの緻密なCGと奥深い構成。
前作よりアクション多め、
修業のシーンがいいんです。
教えるのが苦手な熊徹が「胸の中の剣を抜け」。
まさに「形(かた)の稽古」だった、動きをまねる練習。
熊徹の食客仲間を、リリーフランキーと大泉洋が好演。
明確にジブリを意識したモブシーンや、
二組の親子のそれぞれの悩みと
葛藤、成長と逆転が面白い。

後半のドキドキの展開が見どころだから
ネタバレで書けませんが、
広瀬すずの下手なアフレコすら、
あんまり気にならないスピード。
気取らない頃のジブリが好きな人は
見て損はないと思いますよ。

バケモノの子

bakemono_thumb_sashikae.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ドラマと映画 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1582-d6810246

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。