<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

マンガ日本古典文学・徒然草(長谷川法世)

前半は「枕草子」を意識したエッセイ。
当時の上流社会と市井の人々の暮らしを
垣間見るようで楽しい。
しかも、あくまで上から目線。
後半の無常観にあふれた、
僧侶としての独断と偏見による諫言。
「身勝手」ともいえる世間への断言が面白い。

妻を持ってはいけない(190段)、
知ったかぶりはくだらない(234段)、
何も期待しなければ誰も恨まずに済む(208段)、
どうせ死んだら何も残らない。
願いはみな妄想(241段)。

うーん。
よっぽどいやな目にあったんだね。

マンガ日本文学・徒然草

610TA+AFR.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| コミックス | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1636-0d63499e

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。