<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ぼくのマンガ人生(手塚 治虫)

戦争のさなか、空襲で焼け出された
手塚少年が感じた「生きていてよかった」。
それが手塚マンガの原点。
いまリバイバルヒットしている
ヤングブラックジャックで活躍する「手塚キャラ」たちの
根底にあるのは、生きることへの情熱。

虫プロの倒産、そして再生。
苦境時代を支えた
葛西健蔵氏の手塚像が、実に的確。

ヒューマニズムはあくまでも心情。
彼を支えたのは、「孤独」「闘争心」
そして「人間に対する不信」。

作品の深みとパワーは、
ネガティブな部分からこそ生まれるのだ。

ぼくのマンガ人生

ダウンロード (1)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1672-a5a84a75

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>