<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

マリファナも銃もバカもOKの国(町山 智浩)

軽そうに見て、重い中身の本でした。

殺人事件が年に253件というボルチモア。
エドガー・アラン・ポーの墓の周りも悲惨なことになっていた。
アンチナンパ師サイトと「メニニズム」に影響された
エリオット事件と津山事件の共通項。
大学の無差別乱射事件は
「孤独の病」が起こしたものだった。

テディ片岡(=片岡義男)の冗談本、
そして「ロンサムカーボーイ」でアメリカにハマった町山さん。
片岡義雄がすべてのルーツだったのか、なるほど。

「人殺しってのは、地獄なんだ」というクリントイーストウッド。
「虫を殺せない優し少年でも、殺しができるようになる。
それが戦争だ」
『フューリー』の監督の言葉。
「戦争ができる普通の国」になろうとする
この国の偉い人に聞かせたい。

マリファナも銃もバカもOKの国

51B3tROi.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:08 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1702-9b0ff6f4

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>