<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

映画「家族はつらいよ」感想

『家族はつらいよ』見に行きました。
山田洋次監督の「東京家族」のセルフパロディ。
前作では、いい加減な次男だった妻夫木君が
今度はマジメなピアノ調律師。
実直な元教師だった橋爪功が
だらしないわがままな親父。
東京家族のメンバーが
全く違うシチュエーションで楽しませてくれる。
前作は庶民的な感じの家族だったのに
こんどは小田急線沿線に住む
ちょっとリア充な感じのハイソなおうちに。

お医者さんは鶴瓶だし、風吹ジュンはきれいだし、
こぶ平は本当に「どーもすいません」と
サービスたっぷり。
ただ挿入される「男はつらいよ」の
オマージュがクドイ。
面白かったけど、あくまでも前作の見た人へのサービス編。
「熟年離婚」がキーワードだけど
まとまりがないかんじ。
なんで離婚したかったの?
小津安二郎「東京物語」で終わるラスト
はじめて言いたいことがわかる。
前作では割愛された、これを見せたかったのだ。
もう一度、作り込まれた「東京家族」を直してみよう。

2015_1130-photo1.jpg

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| ドラマと映画 | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1717-c90beb87

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。