<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

幕末明治の異能日本人(出久根 達郎)

小学校の銅像・二宮金次郎は
実は復興事業のプロ。
我が国探偵小説の先駆者だった幸田露伴。
次郎長伝を書いた禅僧・天田魯庵。
三人を軸に明治に活躍した人々の
横のつながりを描いていく、
文芸欄のコラムの単行本化。

教科書では名前しか出てこない人物、
子規を世にだし、
硬派新聞「日本」を出した陸羯南。
占いの高島流の開祖がそこに絡んでくる。
「人民は水なり、政治家は舟なり」、
政府を批判して喰らった発行停止の令状を
勲章として飾っていたというその姿勢がすごい。

幕末明治の異能日本人

51AQUGt5.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1727-3c2002e5

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>