<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ヘルたん(愛川晶)感想  多くの人に読んでほしい、青春ミステリー!

ラノベ風の表紙で、「~たん」とくれば萌え系かなと思ったら
しっかりした内容で、読んだあと気持ちよかった。

ヘルパーさんの探偵、ヘル探なのだが、
無理な展開や非常識な会話などがない。
それどころか、しっかりした取材とヘルパーさんへの尊敬が感じられた。

とくに、最後のシュガースポットはよかった。
ぜひ続編が読みたい。
このクオリティーで、ついでにシリーズ化もしていいかも。

ヘルたんヘルたん
(2012/02/24)
愛川 晶

商品詳細を見る


(内容紹介より)
元引きこもりの20歳、神原淳は、浅草で一人暮らしをする成瀬老人の居候となる。
そこで出会ったヘルパーは、淳が高校時代に憧れていた不良先輩・中本葉月。
成瀬は実は伝説の名探偵で、現在でも依頼人がやってくる。
淳はへルパー講習の傍ら、探偵見習いも務めることに……。


「介護の現場はきびしいです。」
よく言われるが、ホントに体験したうえで言ってる人は少ないのです。
愛川先生は、ヘルパー講座と実習だけでなく
かなり詳しく調べたり、取材したりしていますね。

システムや用語から入るとよくわからなくなる
ケアプラン、ケアマネ、訪問介護事業所、フェイスシート、ADL…
事業所とスタッフの関係、
訪問先までの移動時間が考慮されていない介護保険の実態
男性が寿退社してしまう給与水準…
様々な介護現場の背景がちりばめられ、
それが、うまく咀嚼されていると思いました。
(一応、私も関係職場なので…)

名探偵が認知症という、すさまじいハンディをもたせ、
最後の最後まで活躍させない。
主人公淳の成長がクローズアップされ、
サポート役に徹するし、
ある意味、ハンディを魅力に置き換えてしまうところもすごい。

江戸から昭和へと続く吉原・山谷の歴史と
「あしたのジョー」の涙橋。
占い師に翻弄された家族。
(戦場ヶ原さんやオセロ何とかさんみたいな)
債権者に学校まで追い回された上、
いじめのターゲットになっていた主人公。
色々なエピソードが心に残る。

介護従事者としての誇りをかけて
事件に臨む、淳の熱い憤りが素晴らしかった。
お勧めの一冊です。

ブログランキング・にほんブログ村へ
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/173-7830ec3a

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>