<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

世界の辺境とハードボイルド室町時代(高野秀行、清水克行)

中世のリアルタイムスクープハンターと
辺境探検家の対談。
前半は高野さんの持論
「ソマリア内戦はリアル応仁の乱」を、
清水先生がふむふむと聞いてるが、
後半で「超時空比較文明論」へと進化。
どんどん面白くなっていく。

公家の日記はブログと同じ、
中世の文書はちょうどいい分量、
義経が嫌われたのは卑怯だったから、
合理的な搾取をしようと思ったら
独裁者は平和と秩序と勤労を求める、
江戸時代がよかったっていうんなら、
ミャンマーの軍事政権もよかったことになる。

大規模な古文書調査は
「上からと下からでやるんです」
(ちなみに下からが宮本常一方式)
「今生きている社会がすべてだと思わないでほしい」
多様なものの見方をすすめる
清水先生の言葉が深かった。

高野さんは、この検証で
また旅に出るのかな。

世界の辺境とハードボイルド室町時代

ダウンロード (9)

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1740-f5db28a9

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>