<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

私が虫を食べるわけ(ダニエラ・マーティン)

美人の文化人類学者が、虫を食べてニッコリ。
驚きの写真とともに、
巻末には、虫を美味しく食べるレシピ集。

とにかく食べてるものがすごい。
コオロギ、バッタならともかく、
ミールワーム、芋虫、サソリ、タランチュラ…。

でも、地球環境に負荷を与えている牛や豚に比べ、
はるかに環境にやさしい「昆虫食」。
肉製造機のように扱われている牛たちへの
動物愛護の立場からも必然だという。

どちらが地球に優しいとかははっきりしている。
動物がタンパク質を作り出すためには、
さまざまな微生物の力を借りているが、
その作業は虫こそ得意分野。

さらに、食紅などの赤い色素は
カイガラムシのエキスが由来。
食品の中には何パーセントまで
虫が入ってもよいという基準もある。
そう、知らない間に、わたしたちも虫を食べていたのだ。
ハンバーガーも焼肉も、
私たちは加工現場は見てないから平気だが、
動物を殺してるんだよね。

「はじめは無視され、次に笑われ、それから攻撃される。
でも、そうなったらこちらの勝ちだ」
マハトマ・ガンジーの言葉のとおり、
虫食は文化の問題として規定されているだけ。
スペースコロニー時代には、
きっと多数派になるに違いない。

私が虫を食べるわけ

51SNvGJ8.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1776-789a6f9b

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>