<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

この歌この歌手(読売新聞文化部)

歌謡曲の名曲の秘話を綴った
ノンフィクション・ドキュメンタリー。
「紅白」の季節だから、もう一度読みたい。

元歌が「炭坑町のブルース」という
アメリカの暗い歌だった「受験生ブルース」。
ニーチェに傾倒していた友人の鎮魂の歌だった、
はしだのりひこの「風」。
ディレクターの反対を押しきって、
どうしても歌いたいと粘った奥村チヨの「終着駅」。
咲こうとする花を抑えに抑えていこうの方針で作られた、
アイドル天地真理の「虹をわたって」

東京に行く直前に結ばれた恋人と、
それを振り切って上京する実話「心の旅」。
作詞家のこだわりのタイトル「私鉄沿線」。
メジャー志向がないイルカと、
歌いたくなかった「なごり雪」。

歌詞も作詞家も東京出身なのに、
担当ディレクターの体験から作られた「木綿のハンカチーフ」。
小学2年生の親友の母のことを歌った「ヨイトマケの唄」。

歌に涙とあり、歴史あり、な素敵な一冊でした。

この歌この歌手〈上〉運命のドラマ120

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村

61K7V68Snu.jpg
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1787-181a22f6

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>