<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

あかんやつら 東映京都撮影所血風録(春日太一)

東映の京都撮影所をめぐる
映画人達の血みどろの活躍。
きれいごとだけではない
ダークな部分ふくめ
そこには『血風録』にふさわしい、
歴史が隠されていた。
特撮とアニメでしか東映を知らない
私はびっくり。

企画を通すのも
「理屈抜きに」「面白い」が必須というポリシー。
活気があり、文字通り「殺人的」だった当時の撮影現場。

だが、次第にテレビに飲み込まれてくる映画産業。
そんな中、松竹の『蒲田行進曲』を、
東映京都が下請けするという事態になり、
本当に落ちたら死ぬ高さの巨大な階段セットなど。
深作欣二監督の行った「こだわり」の凄まじさ。

「東映京都の話はこんなに甘くない」といった
言葉に発奮した、春日さんの渾身のドキュメンタリー。
だけど、今後の京都撮影所はどうなるのか、
とっても気になる。

あかんやつら

51uExQjuq.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1789-20292905

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>