<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

ゴジラ映画音楽ヒストリア1954~2016(小林 淳)

「豪速球のドラマツルギーを語り、暴れっぷりを、
大きな構成のオーケストラが奏でる響きで真正面から語っている」
『シンゴジラ』でも、効果的に使われていた伊福部『ゴジラ』

ゴジラ一作目は戦後10年で作られたもの。
だからこそ、戦争中の
「軍楽隊の吹奏楽調をさけ、弦楽器を織り込まれた」
そんな伊福部さんのポリシーが反映しているという。

トクホのお茶のCMでもおなじみ「怪獣大戦争」のテーマ。
「映画快感と劇的高揚を高める」という解説の通り、
時代を超えて、ジャンルを超えてのアピール力は全く衰えることがない。

そして「モスラの歌」に秘められた
民族音楽の深みとタガログ語で作られた歌詞の完成度。

様々な一流の作曲者が手がけてきたゴジラ音楽。
それぞれの個性とゴジラのストーリーを
もう一度思い出させてくれる。

ゴジラ映画成功の、大事な鍵は、
音楽あった、と言えるのではないか。

ゴジラ映画音楽ヒストリア

51C-sXbl9h.jpg

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1799-f78b8174

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>