<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

文楽・ぶんがく (阿久 悠)

「音」楽に対する「文」楽を提唱する。
昭和を代表する作詞家のエッセイ集。

「壮大な嘘を、色鮮やかに描いてみせる」
そんな街、東京。
「銀座とカルピスを、かけ合わせると初恋になる」
という、喫茶店。
名曲たちを生み出した、
作詞家ならではの視点がまぶしい。

「そろそろ作詞家も『学校=卒業』と言う分色を捨て、
人生の中での『卒業の儀式』を見つけなければならない」

「自由を欲するなら、まず(携帯)電話を手放せ」
作詞家・阿久悠さん若者へのメッセージ。

西城秀樹の『若き獅子たち』にこめられた、
太陽のイメージ。
あの時代を懐かしく思い出しました

文楽

41S5G9R3MK.jpg
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 07:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/1801-fb3f9672

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>