<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

「仏果を得ず」(三浦しをん)  文楽の世界も気になりますっ。

仏果などいらない。
生きて生きて生き抜く。


義太夫を極めるには、
先人たちの境地に立つには時間が足りない、
大きな目標にすすむ二人に、
「長生き」しないと極められない
奥の深い世界を垣間見た気が。

次はどの「しをん本」にいこうかな。

仏果を得ず仏果を得ず
(2007/11)
三浦 しをん

商品詳細を見る


実は数年前、チャレンジして挫折した本。
今回は予習で、3冊も文楽の本読みました。

おーっ。読める、読めるぞ。
登場人物の立ち位置がよくわかる。

そうか、大夫と三味線はこんな感じでペアなのね。
それを嫌う兎一郎は変人なのはこんな理由だったのか。
床本、介錯、研修所… 
歌舞伎と違って世襲制でない、
しかし実力本位の厳しい芸の世界。
うまーく、ストーリーに絡んでます。

中盤少し、だれました。
女性の視点で書くせいか、
ミラちゃん宅での出会い、
藤根先生と兎一郎の痴話げんか
笑うところなんだろうけど
ちょっと引きます。

後半、どんどん面白くなってきて、
無理やりっぽいけど
妹背山女庭訓ですれ違いの師弟愛、
仮名手本忠臣蔵でミラちゃんの家出(?)
と健の「悟り」にちかいトランス状態、
そして大団円。
素晴らしくノリがよかった。

人形遣いの部分は、
ほとんど描写がないのはさみしいけど
二人の生き方が徐々に浮かび上がってきて、
不器用な愛の表現が、
これまた気持ちがいいのでした。

この本を通じて、
文楽や伝統芸能をみたいっ
という人が増えてくれるといいですよね。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

| 読んだ本 | 02:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

TRACKBACK URL

http://takunomisosiru.blog.fc2.com/tb.php/337-899a2727

TRACKBACK

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>